FC2ブログ

手術前に頭頚部外科Dr.からの病状説明

PET検査の翌日、頭頚部外科の先生からの説明を聞くため、夫と共に病院へ。
検査結果と、手術前に現在の私の病状を説明してもらうためです。
ここで初めて家族にも一緒に話を聞いてもらうことに。
超繁忙期でしたが、夫に何とか半休を取ってもらいました。

PET検査の結果は、「どの部分も、あまり光っていないので、転移はなさそう」でした。つまり、はっきり癌だとわかるところがない、ということ。
耳下腺にある腫瘍すら光り方が微妙だったらしく、じゃあ癌ではなく良性なのでは?と、この期に及んで良い方良い方に考えようとする自分がいました。これはなぜなのか、いまだに謎です。
でも正常性バイアスって恐ろしい。

頭頚部外科の先生からの病状説明はざっとこんな感じでした。

・耳下腺に腫瘍があることは明らか、サイズは結構大きめ、3cmくらい。
・良性か悪性かは細胞診でもPET検査でも明確にわからず、手術で開いてみないとわからない。
・ただしMRIで見る限り、嫌な(=悪性によくある)形をしていて、悪性の可能性が限りなく高い。
・顔面神経麻痺が出ていることからも、神経に浸潤=悪性の可能性大。(良性はめったに神経に浸潤しない)
→再度言いますが、顔面神経麻痺の自覚はありません。
笑顔を鏡の前や写真で見た時に、口角の上がり方が左右でちょっと違うな?と感じるくらい。思いきり笑顔にならなければ誰も気付かない状態でした。
・耳下腺腫瘍は良性であっても手術による摘出が一般的なので、どちらにしろ手術が必要。
・手術は良性腫瘍として一旦開始し、術中の病理検査により(40分くらいで簡易病理結果がでるそう)、術式変更もあり得る。
・なるべく顔面神経温存の方向で手術を進めるが、悪性かつ神経へ浸潤している場合は腫瘍をしっかり取り除くことが重要なので、神経を切除せざるを得ない。
・もし神経を切断・切除した場合は、近くの組織(神経?)を持ってきて、つなぐ再建手術を施す。
→他の耳下腺癌で神経再建された方のブログを見ていると、足から筋膜(?)をとって顔に移植された方が複数いらっしゃいましたが、「再建する組織はどこから持ってくるのですか?」と先生に聞くと「そんなもん、どこからでも持ってこれる。(切開する)近くにたくさんあるから」とびっくりの答えでした(笑)。
・神経は再建しても完全な機能回復は見込めない。回復したとしても機能の50%程度。
・でも再建も何もやらないと、その部分(例えば口角とか)が垂れ下がって、見た目が悪くなる。

主治医の先生よりはっきりものを言う先生なので、説明はけっこうショックなものでした。
特に「悪性の可能性が限りなく高い」「顔面神経を切断もありえる」「神経は再建してもMAX50%しか機能は戻らない」の部分。。。

どうなってしまうの、私の顔?!

手術自体への不安、神経が切られてしまうことへの不安、最悪の場合にどんな顔になるのか想像できず、機能が回復しないとはどんな不便があるのかもいまいち想像できず、、、

ただただ、神経を切らずに手術が無事終わりますように...と祈るだけでした。
まさか手術後にあんな絶望、精神的苦痛が待っているとは。
この時は本当に想像できませんでした。

たった5日後には入院、その翌日には手術が待っています。

予想していたより悪い状態だと悟ったのか、帰り道も終始無言の夫。
いままで自宅で私が報告していた時は「大丈夫だよ、きっと良性だよ」と笑って励ましてくれていたのに。
手術中に万が一のことがある事も考えて、親にも手術前に一応ちゃんと話しておかないといけないか、、、そんなことを考えながら、帰路につきました。
新型コロナ流行で月1くらいで帰っていた実家ですが(在来線+徒歩で1時間弱の距離なので遠くはない)、もう2か月以上帰っていませんでした。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 顔面神経麻痺 手術 入院 神経切断 神経再建

入院のお部屋、大部屋か個室か

手術日が決まった前回の診察後、その日のうちに入院手続きを一通り済ませたのですが、何しろ今まで大きなけがや病気1つしたことがない私。
もちろん入院なんて人生で(39歳にして)初めて。
手術も不安だけど、その後の

( ゚Д゚)!...入院生活が不安すぎる!!

説明してくださった女性の方(看護師さん?)は、不安な私の質問にもとても丁寧に答えて下さいました。
新型コロナ感染予防のために、不自然なほどソーシャルディスタンスをとって(笑)。
(もちろんお互いマスクはしてるんですけどね。)
入院日当日持参物や手術前に必要な購入物・レンタル品なんかの説明も受けました。

そしてその場で
「入院するお部屋の希望を第1希望から順に書いて下さい。そのお部屋がいっぱいの場合、希望に添えないこともありますけど」と。
え!持ち帰れないの?今書けと?
入院生活の想像がまだできない私は、そこでオロオロ(笑)。

病院によってお部屋の料金は違うと思うのですが
今回の場合(科によっても違うらしい)提示された選択肢は4つでした。

①総室(4人部屋): 無料。
…隣りとカーテンの仕切りのみ。テレビは有料。(冷蔵庫は?)

②家具付き4人部屋: 3,000円弱/1日
…隣りのベッドとの間が収納家具で仕切られ隣りは見えないが、家具は天井まであるわけではない。カーテンを閉めた時の個人スペースは総室より広め。無料ミニ冷蔵庫、無料テレビ付。

③個室: 9,000円弱/1日
…ベッドと応接セット(テーブルと椅子2客)があるお部屋。洗面台、無料冷蔵庫、無料テレビ、ロッカー付。

④特別室: 20,000円前後/1日
…ベッドと応接セット、バスまたはシャワー、トイレ、キッチンがある個室。洗面台、無料冷蔵庫、無料テレビ、ロッカー付、インターネットも接続可。


ちなみにniyon、任意の保険には加入していません。
保険会社を儲けさせるくらいなら、掛け金を貯金にまわそうと思って貯金してました。だから、室料がかかれば全部自費。(健康保険適用外)

お部屋の写真や説明も見せてもらいましたが、一方向から撮った写真1枚ほどしかなくて、いまいちピンと来ず。
術後どんな風になるかもまだわからない。
どうせ術後しばらく動けないのなら、寝てるだけだし①でいいかも?
でも、たまにいびきかくしなぁ。他の人に迷惑になるから個室にするべき?
そうすれば、病気で大変な時に他のことに気を遣わなくてもいい。
ちなみにそれを相談すると「それはみんな、お互い様なので」と言われます。

予定入院期間は7~10日間。
でも入院が長引く可能性もあるわけで、金銭的なことを考えると①か②に留めておいた方が無難か。
このご時世、新型コロナ感染もとても心配。
一応、この病院はコロナ患者は受け入れていないそう。
でも感染防止を考えると、トイレやお風呂が自分専用で使えるのが望ましい。
そうすると④か、、、お値段が跳ね上がります。
10日入って20万かー。

結局、この場では適当に書いて帰り(おい!)
家に帰って、夫と相談しました。
お金は私自身の貯金から出すことになり、悩みに悩んで
第1希望を③個室としました。

実際に入院してから、これが英断であったと判明。
結果、10日間入院し、室料だけで10万円ほどかかりましたが
いや、本当に良かったです個室にして。
それはまた、入院生活のところで書こうと思います。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 入院 手術 耳下腺癌 顔面神経 麻痺 再建

転移の有無を調べるPET検査

頭頚部外科の先生の命により、転移がないか調べるため手術前にPET検査(PET-CT)を受けることに。
悪性腫瘍だとはっきりは判断できないと言われつつ、今考えれば、もうこの段階で悪性腫瘍と決めてるやん、先生...。

ゴールデンウィーク明けに検査。
新型コロナの影響で、どこかに遊びに行って気分転換することもできず、ずっと手術への不安、腫瘍への不安がのしかかり、気持ち的にしんどい連休でした。
去年の今頃は旅行に行ってたのになぁ...次はいつ行けるかなぁ。手術が無事終わったら行けるのかな?あれもこれもまた食べに行きたいのにな、と。。。
痛くも具合悪くもないだけに、手術を受ける者としての自覚が全くありません。

PET検査は、体内に薬(糖?)を入れ、癌があれば活動が活発になってその部分が光り見つけられる、という仕組みの検査。
だから、当日は朝から飲食制限があります。
糖が入っていない水やお茶はOK。

当日は上下の検査着に着替え、さっそく薬を腕から注入。
針を刺して、検査薬を入れるタイミングを言われるのですが、結構長い感じがしました。けっこうたくさんの量をいれているのかな?まあ、全身だしね。

その後、机、リクライニングチェア、ロッカーだけが置かれた小さな個室に案内され、そこで呼ぶまで待ってて、と言われました。
薬を体内に入れてから体に回るのを待つ間、検査までこの小部屋で1時間くらい安静にして待機。
事前に耳鼻科の看護師さんから、この時間は何もしてはいけないから、睡眠不足気味で来てもらった方がいいですよ、寝れるから(笑)、と言われてました。
確かにこの時間は、新聞を読んでも、本を読んでも、携帯をいじってもダメ。考えることで糖を使うから?寝るのはOK、トイレ行くのもOKだけど、なるべくじっとしててと言われました。
水分はどんどんとって、とミネラルウォーターももらいました。
私の好きな軟水だ。よかった。

リクライングチェアは幅もゆったりしていて、ボタン1つで背もたれは倒れ、足置きも上がります。
ビジネスクラスみたいだなぁ~とかのんきなことを考えながら、寝ることにしました。
この部屋、入り口のドア上部一部にはガラスが入っていて外から少し見えるので閉塞感はないのですが、部屋の外にバイオハザードマークがついてます。☣
トイレに行って戻ってくるたびにこのマークが目に入り、怖いんですけど!
薬が反応して、24時間くらいは体から弱い放射能が出るそう。(だんだん弱まっていくそうですが)
子供は反応しやすいから、なるべく近づかないでね、と言われました。私は問題ないけど、小さなお子さんを持つ母親だったら無理だと思うな

結果、待機場所ではほとんど寝れませんでした。
やっと1時間ほど経ち、スピーカーで名前が呼ばれました。
検査室へどうぞ、と。
あとはCTと同じ感じ。横たわり、機械の輪の中を体が出入りします。

これ、自費で健康診断として受けたい場合は10万円くらいする検査。
もちろん初めて受けました。
今回は保険適用(3割負担)で28,000円でした。

ちなみに放射能が出ているので、検査後すぐには帰れません。
再度、個室で時間までしばらく待機。1時間弱くらいかな。
その間になるべく水を飲んで、尿をどんどん出してと言われます。
ちなみに、トイレでは尿が手についていてはいけないので、いつもよりしっかりめに手を洗って、と言われます。
検査後、もう1本お水をもらって、待機しつつ薬(=反応して放射能)をなるべく体から出してから、着替えて帰宅。
感じる体への負担は特にありませんが、開始から終了まで数時間かかり、なんだか疲れました。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺がん 耳下腺癌 粘表皮癌 悪性腫瘍 顔面神経切断 希少癌

シェルティの女の子がやってくる

耳下腺癌のことを記録している途中ですが
もうすぐビッグイベントが!

なんと、わんこを迎えることになったんです!


以前飼っていたシェルティがお空に旅立ってから9年。
前の子が忘れられず、またお別れも悲しいことから
飼いたいけど、飼いたいけど、でもなぁ、、、
という葛藤と闘ってきました。
海外旅行も毎年行くので、旅行の時どうしよう...という思いもありました。

ただ数年前(結婚前)から、夫には前の愛犬シェリーのエピソードを事あるごとに話していて、こんなに賢いんだよ!ってシェルティの魅力だけはプレゼンしまくっていました(笑)。
犬を飼うならシェルティやね、と私と夫の間では決定していて(私のプレゼンの成果!)、あとはタイミングだけ。
仔犬が出るたびにブリーダーさんのサイトも見てはいたのですが、葛藤があったので私は決めれずにいました。

ここ1年くらいブリーダーさんのサイトを毎日見るようになっていた夫(笑)。←私は見たら欲しくなるので見ないようにしてました。
病気になって、手術して退院して、3週間もしないうちに「この子どう?見に行こうか?」と夫の方が具体的な話をしてきました。

この病気で先がわからない時に!?
えーっと、、、私まだけっこう大変なんですけど?

と思いつつ、
まーコロナで旅行も(特に海外旅行は)先になりそうだし
夫も仕事ですごく忙しい時期が数ヵ月続いていて(このコロナの時に、仕事があるのはありがたいことなんですけど)彼も癒しが欲しいのかなぁと考え、ブリーダーさんのところに足を運んでみると、、、

かわいいいいい!!

sheltiebaby001.jpg

来月、この子をお迎えすることとなりました。
見たら可愛いもん、そりゃそうなりますよね。

シェットランドシープドッグの女の子。
この写真(見に行った時)が、ちょうど生後1か月。
名前はSophia(ソフィア)の予定です。
古代ギリシア語から来ていて、智慧、叡智という意味があります。

この名前、実は手術後の合併症で口が開きにくい私には「ふぃ」と「あ」の組み合わせをはっきり発音するのがとても難しいんです。。。シェリーなら簡単に言えるんですけど。
でもリハビリのために、あえてこの名前にするのもありかなぁと思っています。
名前呼んであげたいし、口を動かす練習になるかな、と。

もちろん不安もあります。
夫がいるとは言え、会社員なので平日は家にいないし、帰りも早くはないし、今の私がちゃんと世話ができるだろうか?
でも犬の癒しの力でもしかしたら良くなるかも?散歩に行かないといけないので運動にもなるし、少なくとも精神的には救われるかもしれない。
プラスに考えることにしました。
体調がダメな時の世話は、夫にお願いすることに。
↑言いだしっぺなんやからお前も世話せーよ、とは何度も言うてますが。

わんこより先には死ねない
わんこのためにも、長生きしないと。
手術直後は絶望のみでしたが、ちょっと目標ができました。


    
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

タグ : シェルティ シェットランドシープドッグ わんこ 仔犬 子犬 セーブル

頭頚部外科の先生の診察

頭頚部外科の先生診察の日。ドキドキしながら診察室へ。
50歳前後の男性の先生でした。
主治医の先生にも何度か、「う」や「い」の口をしてみて、と言われ見せていたのですが、この先生にも同じように言われて見てもらい、「うーん、顔面神経に麻痺が出てるなぁ」と。。。
これ、麻痺なの!?
ちょっと口が左右対称ではないだけで、水がこぼれるとかの実害はなし。
別に生活に不便はないし、自分ではそれほど大きく考えていなかったので、心の中で冷汗が

MRIやCTを見た感じ、形や大きさから悪性の可能性が限りなく高い、とのこと。
大きさ3cmくらいありそうだなんて
もちろん良性の可能性もあるが、顔面神経麻痺も出ているし、そもそも耳下腺腫瘍は良性であっても手術で取るのが一般的な治療、とのこと。
手術。。。!?やっぱりそうなるのかぁ。。。
でも、この時は、まだ前向きに考えていました。
良性の可能性はゼロじゃない、と。

耳下の左顎のあたりを触られ、「あ、ここにしこりがあるなぁ」と言われびっくりでした。
自分で全く気付いていなかったのです。
自分で触ると、確かにそう言われてみれば、しこり、、、かな?いう感じ。

再度、生検をさせてと言われ、
聞いてないよー!あの痛いのを、またやるの?と思いつつ、でも何か確かなことがもう少しでもわかれば、と思い、再度細胞を取ってもらいました。
主治医の先生のように針を刺したままぐりぐり動かせることはなかったので、前回よりも痛い時間は短いように感じました。
ただ先生、「硬くて針が入らないな」と一言。
ただでさえ腫瘍は深い場所。しかも腫瘍が硬くて針が刺さらない様子。
まあ、私は痛くて、早く終わって~、しか考えられませんでしたが

先生はもう手術する流れで話されていて、「で、いつにしましょう、手術。何か手術前に済ませたい予定があるならその後でも良いですが、あまり長期間このまま置いておくのは良くないと思います」と。
そうか、もうこれが何であるせよ、取らないといけないのね、、、。

「一番早い日なら、2週間後の日程で手術の予約が取れますが。」と言われたので、お願いしました。
別にイベントもないし、コロナでどうせ出かけられないし。
この日に入院の手続きも済ませて、帰ることにしました。
手術の前日から入院し、入院は7~10日間くらいの予定。

そうと決まると、バタバタです。
術前検査を受けなければいけなくなりました。
まだあるのかぁ、検査。
採血(また!?)、心電図、血圧、胸部レントゲン。
色々やることいっぱいです。

そして、先生に来週受けてと言われたのが、PET検査でした。
転移がないか、調べるそうです。
って、もう癌やと決定なんかーい!?
モヤモヤしつつ、入院手続きをして帰りました。

PET検査を受けた後は放射能が体から出るらしく(こわっ!)、その日はその検査以外の予約は入れられないそうです。
なのでPET検査翌日に、その結果と現在の私の状態を再度先生からお話しいただくことになり、夫と2人で話を聞くことになりました。
あー 何もかもが不安だぁ。。。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 唾液腺癌 稀少癌 希少癌 がん 顔面神経切除

造影剤を入れたMRIとCT検査

まだまだ検査は続きます。
数日後にしたのは、聴力検査と造影剤を入れてのMRIでした。

聴力検査といえば、てっきり「音が聞こえたらボタンを押してくださいね。」という聞こえ方の検査だと思っていたら、全然違いました。
確かに、それは近所の耳鼻科に最初に行った時にすでにやってます。
今回は、なにやら壁に向かって座って(これは新型コロナ予防かも?)、耳に機械を入れて数値を測っていました。。。が、いまいち何なのかよくわかりませんでした。

その後、造影剤を入れたMRI検査へ。
前回のMRIとは違うお部屋でした。横になってから腕に針を刺され、テープで固定。機械に体を入れてから「では今から造影剤を入れます」と。そのまたあの大きな音が鳴るので、なるべく目をつむって寝るように努めました。こんなところでは寝れないけど!
MRI終了後、気分が悪くはないか、ふらつきはないか、色々心配してましたが、全く大丈夫でした。

翌日の診察で、MRI結果を見た先生に
「腫瘍が嫌な形をしている」と言われてしまいました。
悪性ってことですか!?と聞くと、はっきりはおっしゃらず、
ただ「良性ではなさそう」と。。。
痛~い思いして取られた生検(細胞診)の結果は、、、
脂肪しか取れてなかったので何なのか結局わからない、とのこと。
なんだそりゃ。あんな痛い思いしたのに~!
私の場合、腫瘍がかなり深くにあるので取るのは難しいとのこと。
(耳下腺の深葉にあるとのちに判明。)
「骨に腫瘍がかかっていないかも心配なので、CTも取りましょう。骨はCTの方が見やすいと思うので」と先生に言われ、次は造影剤を入れてのCTとなりました。
この辺から、ちょっと自分でも心配になってきました。
はっきり言われないけど、”癌”ということなのかな?と。

数日後、言われた通り、造影剤を入れてのCT検査へ。
MRIと同じ感じだと思っていたら、こちらの方が薬(造影剤)を体内へ入れた時の反応がわかりやすい!
「今から造影剤入れますねー」の声とともに、体が徐々に温まり始め、体の中から熱い感じになりました。お酒を飲んだような感じですが、頭だけではなく全身が温かく、すごく変な感じです。
まあMRIほど機械音がうるさくないし、圧迫感が少ないので、こちらの方が気持ち的には楽でした。

いつの間にか左右の腕は注射針の跡が治らないうちに次のが刺され、一気に病人感が増してきた感じ。
まだ検査しかしてないんですけどね。

さて、次回いよいよ、頭頚部外科の先生の診察を受けることになりました。
頭頚部外科とは何ぞや?
恥ずかしながら、今回お世話になって初めて知りました。
頭頚部とは、脳より下の頭部と鎖骨より上の頸部を指します。
耳鼻咽喉科に含まれていて、まあ言えば頭頚部にできる癌などが専門の科です。
はてさて、今までこの専門の先生に見てもらっていなかったのが不思議ですが、主治医の先生は前々から頭頚部外科の先生と相談はされていたようでした。

ちょっと怖いけど、専門の先生の見解を聞かなくちゃ始まらない、と思いました。
さて、何を言われるか。。。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 耳下腺がん 粘表皮癌 顔面神経切除 悪性

穿刺吸引細胞診が痛すぎる!

MRIで変なものが見つかった2日後。
ここからもう検査、検査です。

まずは採血。針を刺して細胞を取って調べる穿刺(せんし)吸引細胞診、生検をするために、事前に血液検査が必要とのこと。
私の担当は、4月に入ったっぽい新人看護師さん。かわいい女の子、という感じの。後ろにお姉さま=先輩看護師さんが見守っています。
大丈夫かな...
私の腕は、自分で言うのも何ですが色白で血管が浮き上がっていて(笑)、血を取るのに最適な腕!
看護師さんにとってはやりやすいと思います。今まで採血の時に針の差し直しなどもされたこともありません。

でも新人看護師さん、すごーく緊張している様子
心配なので私も針の先を凝視してしまいました(笑)。
ちゃんと刺したように見えましたが、血があまり容器に入ってこない。。。先輩看護師が見かねて代わり、針をぐっと深く押し込まれました。
ギャ!痛い!!
そんなこんなで無事終了。はぁ、こっちが緊張した。。。

その後、エコー検査へ。
ジェルを塗って機械をコロコロさせるだけなので、これは楽勝。
患者への負担はないです。
でも、主治医の先生、うなってる。
今回見つかった「何か」をエコーに映すのがとても難しい様子で。
頑張って機械を当てながら何度も画像を見て、他の先生にも一緒に見てもらいつつ、何とか印刷できた様子。

そして血液検査は問題なかったということで、いよいよ穿刺(せんし)吸引細胞診。
細胞を取るので針は普通の注射針よりちょっと太め?かどうかわかりませんが、怯える患者からは太めの針に見えます。
刺した場所は、耳の下、あごの奥あたり。
これが痛いのなんの!!
昔、胸のしこりを調べる時刺したけど、そんなに痛くなかったのにー!
(胸という脂肪に刺してるから??ちなみに胸のは良性でした。)
刺す場所が、頭だから痛い?首だから?骨があるから痛い?

細胞がなかなか取れないのか、刺したままグリグリする先生。。。
痛さ満開!ひー!!と声を上げてしまいました。
1回目は取れていなかったということで、すぐに2回目をされて、また泣きそうに。。。
腫瘍がけっこう深いところにあり、幹部になかなか届かないようでした。
こんな痛い思いしたんだから、さすがに何かわかるだろう、意外に良性で、脂肪の塊とかなんじゃないの?と能天気な考えも浮かんでました。

次回は聴力検査と、もう一度、MRI。
造影剤を入れて、より細かく見たい、とのこと。
こうなったら、徹底的に見てもらなきゃ。

「ちなみに」と先生。
「この腫瘍みたいなのは、めまいとは全然関係ないと思います。めまいはたぶん運動不足ですね。」
え!そうなの?
確かに、あれからジョギングをちょっとやってみたらスッキリ。
この頃にはもうめまいは全くなくなっていました。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 粘表皮癌 悪性腫瘍 顔面神経 検査

頭部MRI検査とその結果

よく考えたら、人生初めてのMRI検査!
MRIは磁気を使うので検査前に金属はすべて外して下さい、と事前説明あり。
だから当日アクセサリーとか余計なものは付けずに行って、当日検査着に着替えて完璧!と出て行ったら、「あのー結婚指輪は外れないですか?」と言われちゃいました。あ、すっかり忘れてました。。。

検査室に入ると台に横になるよう促され、横になった体は機械に吸い込まれていきます。
(実際は台がスライドしてるのですが。)
筒状の機械に入っていく自分を想像すると、なんか棺桶に入っていくみたい、、、。

動かないで、じっとしてくださいね。そうでないと何回も撮り直しになりますからね~
確かに。私の前にやってたおばあちゃん、「動かないで!」とめっちゃ注意されてた
ベッドが奥まで入ったかと思ったら、前触れなく急に大きな音が!
結構大きな音。それも急に鳴るから、ビクッとなる私。じっとしたくても無理~!
甲高い音がしたり、低い音がしたり、かなり音がうるさいです。
最初は遠くで聞こえていたクラシック音楽(BGM?)もかき消されて、もはや機械音しか聞こえない。閉所恐怖症の人は無理なはずだなぁ、これ。

検査はやり直しもなく無事終わり、耳鼻咽喉科の診察へ。
診察室に呼ばれた頃にはMRI結果が先生の手元に来てました。

「脳は大丈夫です。異常ありません。」
ほっ、よかった。
「ただ、気になるところがあるんです。この左耳の近く。何かが映ってまして」
ん?
指摘された部分には、何か白い塊が確かにあって、右側とは違った感じ。

でも先生がサラリと言われたので、
私も、はあ?これ何でしょうね?という反応でした。

「もうちょっと詳しく検査したいので、次回、エコー検査をしましょう。あと、針で直接細胞を取って検査もしたいと思います。」と先生。
私も何なのかは気になるので、はい、よろしくお願いします、とお願いしました。

針で細胞を取る検査は、穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)と呼ばれる検査。
もう10年以上前ですが、乳がんの疑いがあった時に受けたことがあったので知っていました。(その時は良性だったので、問題なかった)麻酔などはなく注射のような針を刺して、中の細胞を直接取るという検査です。
でもそれを受けるために血液検査もしないといけないとのこと。

次回は血液検査→エコー検査→その間に血液検査の結果が出るので問題なしなら→穿刺吸引、という流れになりました。
ここから検査オンパレードの日々が続きます。
何か、悪いものではありませんように...そう祈っていました。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 顔面神経 悪性腫瘍 粘表皮癌 がん

紹介状を持って総合病院へ

翌日、自宅から数駅のところにある大きな病院へやってきました。
耳鼻咽喉科への紹介状を持って。
今まで大きな病気もしたことないから、総合病院へ来るのはほんとに久々です。

初めて来る病院でちょっと緊張。
道のりや受診の流れなどを病院のウェブサイトで確認してきましたが、紹介状があって予約がすでに入っている場合は、そのまま受診する科の窓口に行けば良いみたいでした(笑)。

人多いだろうなぁ、待ち時間長いかなぁ、コロナうつされたら嫌だなぁ。。。
色々心配しつつ行きましたが、コロナで逆に人が少ない!?不急の人は来ていない様子。
初めてなので個人情報や問診票など色々と書類に記入が必要でしたが、すでに私の名前の入ったプラスチック製診察券が準備されていて、やっぱり紹介状をいただいてよかったぁ~!と思いました。
総合病院に直接来ると最近はそれだけで診療代に加えて5,500円も取られちゃいますが(これは保険適用外)、紹介状があればそれもかかりませんしね。

ほどなくして呼ばれて、診察室へ。
私と同年代くらいの若い女性の先生でした。
柔らかい感じの方で、とても話しやすかったです。

症状を聞いて、近所の耳鼻咽喉科からの聴力検査結果を見て、
今まで大きな病気は何一つしていないことなどを話し、
「運動はどうですか?されてます?」の質問。
はい、正直、運動不足です。

週1回通っていたテニススクールも、新型コロナで3月からお休み中。
自分でもやばいと思い、同じくフィットネスジムお休みで外に走りに行く夫にたまに同行して走ってはいました。でも同行するのは2週間に1回くらい。走るの嫌いだからなかなか続かない私、、、ボールがあれば追いかけるんだけどな(笑)。

それを聞いて先生、あー運動不足が原因かもしれません、と。
新型コロナで多いんですよ、そういう方、と。
そうなの!?じゃあ動けばいいだけ?
投薬もなく、一旦様子を見る方向に話が落ち着きかけました。
「あ、でも先生、この前出た手足のしびれもちょっと気になるんです。過呼吸のせいかもしれないけど、念のため脳の検査とかしたほうが良いのでは、と。」と伝えると、
うーん、今まで病気もしていないし年齢的に脳の問題の可能性は低いと思いますが一応やっておきましょか、と。

翌週のMRIの予約と、その後の診察予約を取って、この日は終了となりました。
今思えば、こちらからの能動的な質問も大事なんだなぁと思います。
「う」の口の左右差は、先生も気にされていましたが。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 顔面神経切断 腫瘍 悪性 粘表皮癌 がん

ひどいめまい!近所の耳鼻咽喉科へ

2020年4月上旬、新型コロナで自粛生活のまっただ中。
私は原因不明のめまいに襲われていました。こんなひどいめまいは初めて!

常にちょっと酔ったような、ふわふわする感じ。
これは数か月前にもあって、耳鼻咽喉科を受診したけど何かわからずじまいでした。

ただ今回は、発作のように急にぐるぐる目が回る時があり、立っておられず横になっても気分が悪い。息は過呼吸のようになり、はぁはぁ言って、手足もしびれているような気がする。
まさか、、、新型コロナ?

熱はなく、咳もなく、味覚異常も嗅覚異常もありません。
ひどいめまい発作は30分ほどでおさまったけど、数日後、就寝時に再度同じ症状がでたので、夫のすすめでいつも行っている近所の耳鼻咽喉科で診てもらうことにしました。
扁桃腺が大きく風邪を引くといつものどや鼻にまず来るので、最近は内科ではなく耳鼻咽喉科に行くようにしてます。
でも本当はこの新型コロナ流行の時期、なるべく医院、病院へは行きたくない、、、
ただ万が一コロナだったら家族や周りの人にうつしてもいけないしなぁ。

いつも待ち時間が長く、人気の近所の耳鼻咽喉科。
4月中旬には、待合室にいるのは私1人でした。
ああ、皆同じ考えか、そりゃ来なくていいなら今は来たくないよね。

あまり待たずに呼ばれ、先生に症状を伝えました。
耳の状態も聴力も問題なく、先生は???という反応。
念のため、めまい止めの薬を出すので様子見て、とのこと。
手足のしびれが少しあったので「脳も少し心配です。大きな病院を紹介してもらって念のため検査を受けれませんか?」と尋ねましたが、過呼吸になると酸素が手足に行き渡らないことで一時的にしびれが出ることはよくある、しびれが残っていないなら大丈夫だと思う、とのこと。

ただ、ここで先生がちょっと気にしていたのは、私の表情。

これは前に同じめまいで診察を受けた時にも首を傾げられていた症状でしたが、「う」の口をした時に上下の唇が同じ形ではないのです。ちょっと上下ずれている。歪んでいるというべきかな?口角を上げて笑顔の時も左右差が出ることがよくあり、変なので写真を撮る時はおもいっきりの笑顔にはならないように自分でもしていました。
歯が悪いせいかな?と歯医者で徹底的に見てもらったこともあります。
でも歯の治療をしても、表情は治らず。

まあでも様子を見よう、といわれました。
診察を終えて待合室に戻りお会計を待っていましたが、受付の看護師さんに再度呼ばれます。
先生が検査ができる大きな病院を紹介することにした、とのこと。
明日行けます?と聞かれ、はい!ぜひ!とお願いし、予約まで取っていただき、紹介状をいただきました。

これが運命の分かれ道でした。
これがなかったら、たぶん癌を発見することはなかったと思います。
もしくは、もっともっと症状がでた後になってからだったか。

どちらが幸せだったかはわかりませんけどね。
これが、39歳の誕生日を迎える直前でした。



 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 耳下腺がん ガン 悪性腫瘍 神経切除 粘表皮がん

ブログ再開します

愛犬が亡くなってから、長い間お休みをしておりましたブログを
久々に、再開してみようと思います。

つい先日、”がん”が見つかりました。

症状はほとんどなく、ほんとにひょんなことから見つかりました。
しかも、こんなコロナで医療がひっ迫してる大変な時期に、、、
まさか自分が”がん患者”になるとは!

耳鼻科で見つかりました。
耳下腺癌(じかせんがん)でした。
場所は、頭頚部、耳の下あたり。
(頭頚部外科という存在すら、今まで知りませんでした。)
唾液腺がんに分類されるようです。
顔面神経が集中しているそばなので、手術で神経を触ることも多い病気です。
神経を取ると、顔が変わってしまいます。

まだ、39歳になったばかり。
女性にとって顔が変わってしまうというのは本当に辛いです。
笑うことすらできないなんて。
これから夫や友人とどんなに楽しい時間を過ごしても
私が笑顔の写真はもう撮れそうにありません。

今でも考えると泣いてしまって
まだ心の整理ができていない状態ではあります。
でも。
患者が年に130人ほどといわれる耳下腺がんは
稀少癌の1つと言われており、本当に情報が少ないんです。
腫瘍の場所、大きさなど、人によって大きく状況が異なることもあって
データが少ないのも事実です。

なので同じ病気と闘う方の力になれば、という思いで
ブログの再開を決めました。
ご本人はもちろん、ご家族やご友人も「一緒にがんと闘う方」だと思っています。
少しでも何かのお役に立てたら。
そんな思いで、治療の過程や状況を書いていこうと思います。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
    皆様の1票が励みです 

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 じかせんがん ガン 悪性 腫瘍 神経切除

MYわんこの記事は更新できなくなりました

忙しさを理由にブログを放置して
気付けば数年が経っていました。

実は、中学生の頃から一緒に育った愛犬シェリーが
2011年春に、天国へと旅立ちました。
受験、就活、家族や友だちとのちょっとしたケンカとか
落ち込んだ時には彼女はいつも励ましてくれました。
あの優しい目で私を癒してくれました。



体調が悪そうなのに、亡くなる前日もまだ寒い春先の屋外に
わざわざ出たがって、トイレだけ済ませると家に入って
丸くなって寝てしまう。最期まで律儀な奴でした。
翌朝早朝、彼女はそのまま息を引き取りました。
まるで眠っているかのような顔で、
体はまだ温かいのに、声をかけても全然反応がなくて。
やわらかい毛を優しくなでながらも
彼女がこの世からいなくなったという事実が
しばらく信じられませんでした。
今でも音がすると、どこからかシェリーが
ひょこり現れるのではないかと思ってしまうくらいです。

自分の気持ちを整理するためにも、ここに報告しなければ
と思いながら、月日が経ってしまったのは
亡くなった事実を認めたくなかったのかもしれません。
こうやって書いていると今でも涙が止まらないのだけど
彼女がいなくなって、今年の春で4年。
そろそろ、前向きに彼女の死を受け入れなければと思って
ここに記すことにしました。

彼女には大したことをしてやれなかったと
後悔と無念がいっぱいありますが
私たちに無償の愛情をいっぱいくれて
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう シェリー。

体重5.5キロのシェルティにしては小さな体ながら
つらいことがあった時、いつも心の支えになってくれました。
私の一番多感な時期に、あなたがいてくれてよかった。
彼女にそのつもりはないかもしれないけど(笑)。



仕事が変わってちょっと気持ちに余裕ができたので、
ゆっくりとブログも再会していこうと思います。




にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ  
皆様の1票が励みです

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

タグ : シェットランドシープドッグ シェルティ

ちょっと得した成果一覧2010~

ポイントサイトや懸賞の成果一覧です(2010年~)。
ポイントサイトの換金がほとんどですが。

まだまだ少ないですが、随時更新予定です。
は定価・標準価格・参考価格など。


続きを読む »

テーマ : 小遣い稼ぎ - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : ポイント マイル 換金 成果

ここほれわんわん!

お久しぶりです!Niyonは生きてますよ~(笑)。

昨日は、うちのわんこの14歳の誕生日でした。
帰宅すると、珍しくわんこがお出迎え。
いつもは出迎えどころか、目さえ覚まさないのに
今日に限って?と不思議に思ってると
まるで「ねぇねぇ今日は何の日か知ってる~?」
と言わんばかりに私の後をうろうろうろうろ。
こいつ、なんか、ねだってる!!
前日に妹が「明日は誕生日だね~シェリー」と
わんこに言ってたせいだ、きっと。
なんてずるがしこい犬なんだ~
ジャーキーをやって、機嫌取りしておきました

そんなずるがしこいわんこの話ではなくて
今日は、もうちっとかわいいわんこを見つけた話。
げん玉の「ポイントの森」の画面で、いつもはないこんなのを発見。



やったー
カーソルをこの画像の上に置くと、、、



クリックして、はやく掘ってくれと言わんばかり。
で、クリックすると!!

続きを読む »

テーマ : 小遣い稼ぎ - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : げん玉 当選 ポイント アンケート

当選★エコバッグ&北海道産じゃがいも

久々の当選報告です
カルビーさんから何やら重い小包が届きました。

じゃーん!
クリックすると少し大きな画像が見れます

エコバッグと北海道 美瑛町(びえいちょう)産のじゃがいもが
当たりました
わーいわーい

続きを読む »

テーマ : 懸賞・プレゼント - ジャンル : ライフ

タグ : 懸賞 当選 ジャガイモ

プロフィール

niyon

Author:niyon
関西在住アラフォー女性
ブラック企業での激務に心身ともに疲れ、専業主婦中。やっぱり働きたい!と資格を取った矢先に、がんが発覚。いろいろ考えさせられます。
犬好きで、シェルティを飼うことを計画中。
もう10年以上続けているポイ活ももうちょっとやろうかな。

得した成果一覧 随時更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント