fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

退院しました。元気です!

無事手術も終わり、ひとまず退院いたしました。つたない記事に拍手を下さった方、本当にありがとうございます。大変励みになります今回は耳下腺がんの転移とみられる、鎖骨近くのリンパに出来た腫瘍を取り除く手術でした。9日間で退院でき、前回よりも早くて、ほっ耳の裏から首まで大きく切った前回の手術とは違って、顔面麻痺もなく、術後の痛みもほとんどなく院内でもほぼ普通の生活ができました。手術箇所周辺の皮膚は麻痺が1...
記事の続きを読む
0 コメント

耳下腺腫瘍手術の翌々日(3日目)

昨日は麻酔が切れてからも手足がずーんと重い。腕を上げるのも一苦労。全身の関節が固まった感じでした。が、今日はかなり動けるようになりました。と言っても、できるのは病室とトイレの往復のみですが。それも、首からドレーンぶら下げて。ドレーンは、手術後の患部にたまった血を排出するための管+容器です。管を通って出る血液は、透明プラスチックの四角い容器に溜まるようになっていて、その容器を入れた袋を肩にぶら下げて...
記事の続きを読む
0 コメント

手術前に頭頸部外科Dr.からの病状説明

PET-CT検査の翌日、頭頸部外科の先生からの説明を聞くため、夫と共に病院へ。検査結果と、手術前に現在の私の病状を説明してもらうためです。主治医は耳鼻咽喉科の若い女性のN先生ですが、こちらは手術でメインに執刀して下さる頭頸部外科専門の男性ベテランa先生です。あとで頭頸部外科部長さんだと知りました。ここで初めて家族にも一緒に話を聞いてもらいました。超繁忙期の夫に何とか半休を取ってもらって。PET検査の結果は「...
記事の続きを読む
0 コメント

入院のお部屋、大部屋か個室か

手術日が決まった前回の診察後、その日のうちに入院手続きを一通り済ませたのですが、何しろ今まで大きなけがや病気1つしたことがない私。もちろん入院なんて人生で(39歳にして)初めて。手術も不安だけど、その後の( ゚Д゚)!...入院生活が不安すぎる!!説明してくださった女性の方(看護師さん?)は、不安な私の質問にもとても丁寧に答えて下さいました。新型コロナ感染予防のために、不自然なほどソーシャルディスタンスを...
記事の続きを読む