fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

せんし?穿刺吸引細胞診が痛すぎる!

MRIで変なものが見つかった2日後。
ここからもう検査、検査です。

まずは採血。針を刺して細胞を取って調べる細胞診・生検をするために、事前に血液検査が必要とのこと。
私の担当は、4月に入ったっぽい新人看護師さん。かわいい女の子、という感じの。
後ろにお姉さま=先輩看護師さんが見守っています。
大丈夫かな...
私の腕は、自分で言うのも何ですが色白で血管が浮き上がっていて(笑)、血を取るのに最適な腕!
看護師さんにとってはやりやすいと思います。今まで採血の時に針の差し直しなどもされたこともありません。

でも新人看護師さん、すごーく緊張している様子
心配なので私も針の先を凝視してしまいました(笑)。
ちゃんと刺したように見えましたが、血があまり容器に入ってこない。。。先輩看護師が見かねて代わり、針をぐっと深く押し込まれました。
ギャ!痛い!!
そんなこんなで無事終了。
はぁ、こっちが緊張した。。。

その後、エコー検査へ。
ジェルを塗って機械をコロコロさせるだけなので、これは楽勝。
患者への負担はないです。
でも、主治医の先生、うなってる。
今回見つかった「何か」をエコーに映すのがとても難しい様子で。
頑張って機械を当てながら何度も画像を見て、他の先生にも一緒に見てもらいつつ、何とか印刷できた様子。

そして血液検査は問題なかったということで、いよいよ穿刺(せんし)吸引細胞診。
細胞を取るので針は普通の注射針よりちょっと太め?
かどうかわかりませんが、怯える患者からは太めの針に見えます。
刺した場所は、耳の下、あごの奥あたり。
これが痛いのなんの!!
麻酔なんて何にもなしです。
昔、胸のしこりを調べる時も麻酔なしで刺したけど、そんなに痛くなかったのにー!
(胸という脂肪に刺してるから??ちなみに胸のは良性でした。)
刺す場所が、頭だから痛い?首だから?骨があるから痛いのかな?

細胞がなかなか取れないのか、刺したままグリグリする先生。。。
痛さ満開!
ひー!!
と声を上げてしまいました。
1回目は取れていなかったということで、すぐに2回目をされて、また泣きそうに。。。

先生からは「痛いですよね、すみません、すみません」と言われますが
痛さで全く慰めにならない

腫瘍がけっこう深いところにあり、幹部になかなか届かないようでした。
こんな痛い思いしたんだから、さすがに何かわかるだろう、意外に良性で、脂肪の塊とかなんじゃないの?と能天気な考えも浮かんでました。

次回は聴力検査と、もう一度、MRI。
造影剤を入れて、より細かく見たい、とのこと。
こうなったら、徹底的に見てもらわなきゃ。

「ちなみに」と先生。
「この腫瘍みたいなのは、めまいとは全然関係ないと思います。めまいはたぶん運動不足ですね。」
え!そうなの?
確かに、あれからジョギングをちょっとやってみたらスッキリ。
この頃にはもうめまいは全くなくなっていました。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント