FC2ブログ

手術前に頭頚部外科Dr.からの病状説明

PET検査の翌日、頭頚部外科の先生からの説明を聞くため、夫と共に病院へ。
検査結果と、手術前に現在の私の病状を説明してもらうためです。
ここで初めて家族にも一緒に話を聞いてもらうことに。
超繁忙期でしたが、夫に何とか半休を取ってもらいました。

PET検査の結果は、「どの部分も、あまり光っていないので、転移はなさそう」でした。つまり、はっきり癌だとわかるところがない、ということ。
耳下腺にある腫瘍すら光り方が微妙だったらしく、じゃあ癌ではなく良性なのでは?と、この期に及んで良い方良い方に考えようとする自分がいました。これはなぜなのか、いまだに謎です。
でも正常性バイアスって恐ろしい。

頭頚部外科の先生からの病状説明はざっとこんな感じでした。

・耳下腺に腫瘍があることは明らか、サイズは結構大きめ、3cmくらい。
・良性か悪性かは細胞診でもPET検査でも明確にわからず、手術で開いてみないとわからない。
・ただしMRIで見る限り、嫌な(=悪性によくある)形をしていて、悪性の可能性が限りなく高い。
・顔面神経麻痺が出ていることからも、神経に浸潤=悪性の可能性大。(良性はめったに神経に浸潤しない)
→再度言いますが、顔面神経麻痺の自覚はありません。
笑顔を鏡の前や写真で見た時に、口角の上がり方が左右でちょっと違うな?と感じるくらい。思いきり笑顔にならなければ誰も気付かない状態でした。
・耳下腺腫瘍は良性であっても手術による摘出が一般的なので、どちらにしろ手術が必要。
・手術は良性腫瘍として一旦開始し、術中の病理検査により(40分くらいで簡易病理結果がでるそう)、術式変更もあり得る。
・なるべく顔面神経温存の方向で手術を進めるが、悪性かつ神経へ浸潤している場合は腫瘍をしっかり取り除くことが重要なので、神経を切除せざるを得ない。
・もし神経を切断・切除した場合は、近くの組織(神経?)を持ってきて、つなぐ再建手術を施す。
→他の耳下腺癌で神経再建された方のブログを見ていると、足から筋膜(?)をとって顔に移植された方が複数いらっしゃいましたが、「再建する組織はどこから持ってくるのですか?」と先生に聞くと「そんなもん、どこからでも持ってこれる。(切開する)近くにたくさんあるから」とびっくりの答えでした(笑)。
・神経は再建しても完全な機能回復は見込めない。回復したとしても機能の50%程度。
・でも再建も何もやらないと、その部分(例えば口角とか)が垂れ下がって、見た目が悪くなる。

主治医の先生よりはっきりものを言う先生なので、説明はけっこうショックなものでした。
特に「悪性の可能性が限りなく高い」「顔面神経を切断もありえる」「神経は再建してもMAX50%しか機能は戻らない」の部分。。。

どうなってしまうの、私の顔?!

手術自体への不安、神経が切られてしまうことへの不安、最悪の場合にどんな顔になるのか想像できず、機能が回復しないとはどんな不便があるのかもいまいち想像できず、、、

ただただ、神経を切らずに手術が無事終わりますように...と祈るだけでした。
まさか手術後にあんな絶望、精神的苦痛が待っているとは。
この時は本当に想像できませんでした。

たった5日後には入院、その翌日には手術が待っています。

予想していたより悪い状態だと悟ったのか、帰り道も終始無言の夫。
いままで自宅で私が報告していた時は「大丈夫だよ、きっと良性だよ」と笑って励ましてくれていたのにな。

在来線+徒歩で1時間弱の距離の実家も今まで月1くらいで帰ってましたが、新型コロナ流行でもうまるまる2か月以上は帰っていません。
手術中に万が一のことがある事も考えて、親にも手術前にちゃんと状態を話しておかないといけないか。そんなことを考えながら、帰路につきました。


 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです
関連記事

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 耳下腺癌 顔面神経麻痺 手術 入院 神経切断 神経再建

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

niyon

Author:niyon
関西在住アラフォー女性
ブラック企業での激務に心身ともに疲れ、専業主婦中。やっぱり働きたい!と資格を取った矢先に、がんが発覚。いろいろ考えさせられます。
犬好きで、シェルティを飼うことを計画中。
もう10年以上続けているポイ活ももうちょっとやろうかな。

得した成果一覧 随時更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント