FC2ブログ

新たな難。耳下腺がんの治療ヒストリー

先日、リンパに新たに腫瘍が見つかりました。
慌ただしく、来週の入院と手術が決まりました。
頭が混乱してしまって、気持ちをどう持っていったらいいかわかりません。。。
が、とにかく今はできることをやりたい(やってもらいたい)と思います。

まだ浅いですが、耳下腺がんの治療ヒストリーを記録しておこうと思います。




【Niyon 耳下腺がんヒストリー】

2020年 4月
 自覚症状なし。
 別の症状で耳鼻科を受診、念のためにとった頭部MRIで腫瘍が発覚。
 色々検査をするも、良性悪性の判断付かず。
 fna(超音波内視鏡下穿刺吸引法)
 造影剤を入れたMRIとCT検査
 PET検査

2020年 5月
 入院し、その翌日手術
 入院11日間で退院

 病理結果で、耳下腺から摘出した腫瘍は悪性と判明
 ステージ4、低悪性度の粘表皮癌。
 医師から手術部位への放射線治療を強く勧められる。
 しなければ高確率で1年以内に再発、次は顔面神経は諦めて(動かなくなる)、抗がん剤は効かない箇所

2020年 6月
 別の病院にて驚きのセカンドオピニオンをもらう
 副作用や後遺症が多いため苦悩

2020年 7月
 放射線治療することを決心

2020年8-9月
 放射線治療(陽子線)で通院開始
 全33回、9月下旬まで平日毎日通院

2020年12月
 手術後、初めての検査。造影剤入りMRI(頭部)検査
 放射線の影響でまだ患部に炎症があり、はっきりわからない。
 おそらく異常なし。

2021年 3月
 造影剤入りCT検査で、リンパに腫瘍が見つかる。転移?

2021年 3月
 再度入院、左鎖骨付近の頸部(リンパ)の腫瘍摘出手術
 腫瘍は病理検査の結果、悪性の所見なし
 手術後CT検査するも、異常なさそう。
 入院9日間で退院。



ヒストリーが、これ以上増えませんように...と願うばかりです。
ソフィア、力をちょうだいね

 

だいじょぶにゃ!



 にほんブログ村 病気ブログ『がん』へ
読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです
関連記事

テーマ : - ジャンル : 心と身体

タグ : 悪性腫瘍 耳下腺がん 粘表皮癌 シェルティ シェットランドシープドッグ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

niyon

Author:niyon
関西在住アラフォー女性
ブラック企業での激務に心身共に疲れ専業主婦中、やっぱり働きたい!と資格を取った矢先に、稀少がん、耳下腺(じかせん)癌が発覚。コロナで混乱の中、闘病中です。
わんこ好き、シェルティ2代目を最近飼い始めました。
もう10年以上続けているポイ活ももうちょっとやろうかな。

得した成果一覧 随時更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント