fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

私も大好きな場所

昼間もダウンジャケットが必要な気温です。
寒いのが大嫌いなので、なるべく暖かい時間帯に散歩に出るようにしてます。

それでも、外へ出ると屋内との気温差に
私だけでなく、ソフィにゃんもぶるぶる

 
寒いねー。
晴れてて日なたは暖かくても
ピュ~って冷たい風が吹くもんねぇ。

 
あ、確かに。
ぬくい場所探し。
最近ソフィにゃんの得意な事になりました。

今までも家の中で自分にとって快適な温度の場所へ
常にスタスタ自由に移動してました。

夏は、暑くなったらタイル張りの玄関で寝たり、
エアコンの風が直接当たる場所を陣取ったり。

冬は、暑くなった時は昼間は北側の部屋へ行ったり
夜は閉めたカーテンの中に入って窓から冷気を浴びたりしていました。
冬は室内で寒がることは今まではなかったのですが
今年は急に気温が下がってきたからか、ちょっと違う様子。

この間はリビングにソフィにゃんがいないなーと思ったら
 
こんなところにいた!

この時は、布団乾燥機をかけた直後。
ベッドの上のお布団がホカホカの状態だったのです。

今までは、こんな熱いの嫌だー!って
乾燥機かけたあったかいベッドでは絶対寝なかったのに。
 
枕とお布団の間ですやすやお休みでした。
...幸せなやつめ

犬って、ほんと快適な場所を探す天才だと思います(笑)。
今年の冬はよっぽど寒いのね。
それとも私が我慢して、まだ暖房器具をつけていなかったから??

 
はいはい、散歩中も
ぬくぬくのお布団で寝る想像で頭いっぱいの
ソフィにゃんでした


読んでいただき感謝!皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント