fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

緊張MAX!義両親が初訪問&お泊まり

結婚して6年、今のおうちに引っ越して5年。
私の両親は気軽に何度もうちに遊びに来ているものの、
夫の両親は遠くに住んでいることもあって
一度もうちに来たことがありませんでした。

義父は「どんなおうちに住んでいるか一度見てみたい」と
思っていて、私たちもどうぞと招いてはいたのですが
・義母の仕事が忙しくて連休を取りづらい
・同居している高齢の祖母を置いて泊まりでは出かけにくい
・新型コロナの流行
などが重なり、なかなか来れないようでした。

それが今年、高齢だった夫の祖母が亡くなり
気持ちも少し落ち着いてきたこの時期に
初めてうちに来ることになりました

土日月の2泊3日で行きたいとのご要望。
1泊目はうちに宿泊、2泊目は駅近のホテル(帰りの新幹線乗るのに便利なように)に泊まってもらおうと夫が決め、ホテルもこちらで手配しました。(月曜日はこちらも仕事があって朝バタバタしそうだから、とのことでホテル泊。)

土日の2回分の夕食はお店を予約し、一緒にとることに。
歌舞伎を見てみたい!との義両親の希望もあったので
チケットの手配もしました。(夫が)

1ヵ月ほど前には来ると連絡をもらっていたのですが
初めてのことなので日が近づいてくるにつれ
高まる緊張!ソワソワの私(笑)!
家じゅうを掃除しまくり、訪問直前に私はすでにくたくたでした(笑)。

無事当日を迎え、至らない私ですが優しく応対してくれた義両親。
ソフィアとも初対面だったので、ソフィにゃんどんな反応するかなー?と心配していたのですが杞憂に終わり(笑)、すぐに慣れてびっくり。
初対面なので、家に入った途端ワンワン吠えられることを予想していた義両親。
ソフィにゃんがウンともスンとも鳴かないので(笑)、びっくりしてました。
ソフィにゃん、そういう子なんです(笑)。
後ずさりはしますけどね。
お2人が可愛がってくれたおかげで、ソフィにゃんもすぐに慣れていました。

お2人の到着日には、4人+1匹で一緒にお散歩にも出かけたりもして。
IMG_7571.jpg
ランランラン♪なんだったら、もうちょっと歩いてよソフィにゃん!

あまりにソフィアが歩かないので(お散歩嫌いで)
またまたびっくりする義父、義母
ですよねー
犬=散歩好きって方程式は実は間違いだったって
私もこの子に教えられました(笑)。


夕食時、こちらの”大リサーチ不足”が発覚。
和食のお店でコース料理にお刺身が入っていたのですが、義母が生魚がほとんど食べれないと判明!
え!明日の夜のお店、お寿司のお店なんですけど!!
どうしよう!?

2回とも夕食は夫がチョイスした店だったのですが、義母の食べれないものを全く把握してない
自分の実の母親やで...?
お義母さん、いつから生魚が食べれないんですか?って聞くと
「出産後食べれなくなったのよ。食べると気分が悪くなって、吐いてしまったりして...」と。
最近食べれなくなったんじゃないやん...前からやん。
なんで一緒に暮らしてた息子が知らんのよ
突っ込みどころ満載のバカ夫バカ息子、いや親不孝息子でした。

初日の夕食後、急遽、翌日の寿司屋にも連絡を入れ
事情を話して1人だけコースではなくアラカルトに変更。
当日は食べれる魚を書きだした紙を大将に渡して、その中から適当に握ってもらいました。
基本コースしか受け付けないお店なので、快く対応して下さったお店の大将に感謝

お義母さんが食べれる魚介は、生はサーモン、ホタテ、えび、カニ、うにくらいで、あとは火の通った穴子、ウナギくらい。青魚(しめ鯖含む)、白身魚、マグロ、タコ、イカ、ホタテ以外の貝、湯引きした鯛とか昆布〆もダメでした。

ですが食べれる物だけを出してもらった結果、どれもとても美味しかったらしく
こんなにおいしいお寿司を食べたのは初めて!と
とても喜んでくださって
その笑顔を見て、心からほっとしたのでした
終わり良ければすべて良し!!


ちなみにみんなで散歩した時のソフィにゃん。
こんなことを考えていたようです。
IMG_7464.jpg
ソフィにゃん、残念だけど...
今夜はお店で食事するから、ソフィにゃんはお留守番ね。
ソフィにゃんには、いつものドッグフードあげるからね
IMG_7452.jpg
ぶちゃいくな顔ー!
ドッグフード、大好きなくせにぃ~(笑)。
手作りささみジャーキーと茹で野菜をたっぷり入れてあげましたよん。

義両親、3日目はおすすめした紅葉スポットへ2人でお出かけ。
その後、無事帰路についたと連絡が来ました。

今回も向こうの実家へ帰った時もいつもとても良くしてくれる義両親ですが
今回は「泊まる」ということでMAXだった緊張が一気に解放。
帰られた後は「はぁー」と力が抜けて、疲れたぁ~という感情に。
横で一緒に「はー疲れたぁ~」と言ってる夫を見て
再度突っ込みたくなりましたが(笑)。
誰のせいや

次は桜の季節に来たいなぁ と言っている義父。
その時期は、仕事が超繁忙期で夫がいつも体力的にも精神的にも死んでる時期。
残業は法律上限MAXまでやって連日帰りが遅いし、たいてい土日も出勤。
休みも週1あるかないか。
1人で義両親をもてなせるか、不安いっぱいのniyonでした。

ソフィにゃんとも仲良くなって可愛がってくれたので
次回、また会えるのは楽しみなんですけど。
ソフィにゃんのおもてなしで、何とかできないかな?

「ま、報酬次第だにゃ」

ん?
なんだか、ソフィにゃんの声が聞こえた気がしたけど
気のせいかな?(笑)



読んでいただき感謝!皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント