fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

どんな寝相?

==========ソフィにゃんの日記より抜粋==========

早朝4:30
ゴツン!
鈍い音が2回もして 起こされたママにゃ。
 ※ママにゃ=niyonのこと
横で寝てたあたちが ベッドの宮で頭を打つ音だったにゃ。

その後もう1回ゴツンして
ママにゃが聞いただけで合計3回も頭を打ったらしいけど
あたちは熟睡。
全然、起きなかったにゃ。
ママにゃは痛そうだと、あたちの頭をなでなでしてくれたらしい。
そして もう頭を打たないようにと
あたちの体の位置を少し動かしてくれたにゃ。

一度寝たら全然起きないママにゃを起こすほどの音だから
かなり強く頭を打ったはずだけど
全然覚えてないにゃ

だいたい、ベッドが狭いのが悪いんだにゃ!
==========ソフィにゃんの日記より==========

これ、数日前のお話です(笑)。
だいたい朝まで熟睡で夜中に私が起きることはめったにないのですが
その私が起こされたくらいのゴツン!の音。
最初、横で寝ている夫がベッドの宮で頭を打ったと思い、起きたんです。
そしたら何とソフィにゃんだったという...(笑)

しかも横に転がるとかの寝相の悪さならわかりますが、
伸びもしていないのに上下に動くって、どんな寝相???

しかも本人(本犬)は目を覚ますどころか、気にせずぐうぐう寝てます。
けっこう痛そうな音だったのに


びっくりした出来事でした(笑)。
ケガもなさそうなので良かったけど、
あんなに昼間も寝てるのに、夜も熟睡できるソフィにゃん
凄すぎる(笑)。
犬って1日12~15時間と言われるように睡眠時間が長いけど
その代わりに眠りが浅いと勝手に思ってました。
そういうもんでもないのね、ソフィにゃん。


読んでいただき感謝!皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント