fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

【京都宇治】30年ぶりの茶香服(ちゃかぶき)体験

 
ということで(笑)、先日ソフィにゃんにはお留守番してもらい行ってきました。
 
 
京阪宇治駅のお隣りにコロナ禍にオープンした、お茶と宇治のまち歴史公園。
この公園内にある交流館 茶ずなは、お茶にまつわる色々なプログラムが体験できる施設です。
今回は、聞き茶(=茶香服ちゃかぶき)体験をやってきました。

茶香服(ちゃかぶき)とは、鎌倉末期~室町時代にかけて貴族や文化人の間で流行ったお茶当てゲーム。
闘茶ともよばれ、のちに茶道に発展したとも言われています。

実はniyon、この茶香服を小学生の時に学校でやっているのです。
確か寒~い体育館で5種類くらいのお茶を、見て、香りを確かめ、飲んで当てる静か~なゲーム(笑)。
なんとniyon、若干12歳ながら全問正解したのです。
同級生の中で1~2人くらいしか全部当てることができなかったと記憶しています。
確か賞品に図書券をゲット。(時代を感じますね。今なら図書カード?電子マネー?)
だから今回も当てるぞ~!と自身満々で参加。
ちなみにその時、茶香服=ちゃかふくと読んで、今の今までそう思ってました(笑)。
訂正出来てよかった
 
碾茶(てんちゃ)とはお抹茶の原料となる茶葉です。
これを臼で引くとお抹茶になります。(この体験もやってみたい!)
さて、次にいよいよ聞き茶、茶香服です。
 
たった3つを当てるなんて簡単じゃない?って思ったそこのあなた。
いーえ、けっこう難しいんです。
だって抹茶の原料のお茶って見たことないし、飲んだことないし!
色、香り、味、見た目も含め判断し、私は結構さっと答えがでました。
 
周りを見ると、一緒に来た友人も他の参加者の方も結構間違ってる!?
講師の方曰く、全問当てられるのは10人に1人くらいだそうです。
え、私すごい?!
繊細な舌の持ち主です。えっへん!(笑)
 
わーい、茶だんご大好き
こちらのお茶はさて何でしょう?ぜひ行って飲んでみて下さい。
お茶って、淹れ方で大きく味が左右されるのがよーくわかります。
さて、淹れ立てのお茶と茶だんご いただきまーす
 
この小皿、1つ1つ手作りで作られたものでとっても可愛いです。
まさか頂けるとは思いませんでした!ありがとう!
 
この聞き茶体験、参加料お1人、1,500円。
お茶の知識を教えてもらって、美味しい(高級な)お茶が飲めて、茶団子もついて
なんとお土産まで!
お得だと思います
 
ぶんどったなんて人聞きの悪い!
1人1枚もらえるので、一緒に行った友人が2枚あった方が使いやすいだろうから
どうぞ、と言ってくれのよ。
ソフィにゃんにはそんなやさしさ、あるかしら?(笑)
 
この日はランチを楽しみ、スイーツを楽しみ、お茶を楽しんだ1日。

宇治でも人気のスイーツ屋さんは大行列ではあるのですが
やはり梅田、難波、京都市内と違って、全体的にはのんびりしてます。
そこがいいところ。
お近くへお越しの際はどうぞ寄ってみて下さい


【お茶と宇治のまち歴史公園 交流館茶づな】
TEL:0774-24-2700(受付時間 9:00-17:00)
https://uji-chazuna.kyoto/
https://www.instagram.com/uji_chazuna/?hl=ja
https://twitter.com/uji_chazuna
展望テラス、ミュージアム、各種体験プログラムやイベントなどあり



読んでいただき感謝!皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント