fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

大寒波到来で一句

昨日の大寒波の日。
niyonは歯科の定期健診&クリーニングの予約が入っていました。
通っている歯医者さんへは電車を乗り継いで1時間以上かかります。
電車とか止まったらどうしよう、こんな寒いのに行くの嫌だな~とか思いながら行きましたが、niyon地方は全く影響がなく(笑)。ただ寒いだけ
でも電車の乗客がいつもより少なく空いていて、駅に着いても人がいつもより少なめ。
なんかラッキーって感じでした。みんな外出を控えていたのかな。

今回、初期段階ですが虫歯が見つかりショック。
それが手術した側(左側)の歯だとわかり、さらにショック!
その他はすごくよく磨けています!と言われたので
やっぱり左は唾液が減っている?それのせいで?と落ち込みました。
あんなに毎日歯みがきを丁寧にしているのに
今後も歯はずっと気が抜けません。
がん治療の後遺症がこういう形で現れ、ちょっとずつ前の生活から変わってしまいます。
頑張っても頑張っても虫歯ができるなんて、悲しすぎます

今日は午後から雪予報だったので、朝慌ただしくソフィにゃんと散歩へ。
川沿いを歩いていたら
 
ん?どしたどした?
 

 
うん、珍しく凍ってる。
ここは、このシーズン清掃のため水が抜かれるのですが
それでも少し水がありました。それが凍ってました。
 
優しいね、ソフィにゃん。
うーん、この浅さだからあんまりお魚いないとは思うけど
でも鳥が食べに来てるから、小さいのがまだいるかも。
凍ったのは表面だけだから、お魚は大丈夫だと思うよ。
 
そうだね、それは間違いない。
冷たいよーきっと。
私たちも寒いもんねー
さー早く帰ろ帰ろ。
 
それ、私のセリフ!

お散歩嫌いなソフィにゃん。
きっと、こんな日にまで散歩にあたちを付き合わせて...
とか思ってます。
あなたの散歩だっちゅーの。
もっとサクサク歩いてくれてたら、私も体が温まるんだけど。
嫌々ソフィにゃん、なかなかそれは無理そうです

夕方から雪がちらつき始め、今も降っています。
地面が濡れて凍ると歩くの怖いなぁ。
明日は雪やみますように


にほんブログ村 病気ブログ『がん』へ読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント