fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

気ままな野良もいいけどね

今日はいい天気
ソフィにゃんが何かを発見しました。
 
 
ひなたぼっこしてる白い猫ちゃんに会えました。
橋の下に住んでる地域猫のようです。
 
犬に見られてても余裕の白にゃんこ。
犬として全く威厳のないソフィにゃん...。
 
あ、にゃんこの心配してたのね。
そうだねぇこの時期は外寒いよね。
何匹かいるから、身を寄せ合って寝てるんじゃないかな?
 
冷たくあしらわれたソフィにゃんでした(笑)。
お互いフレンドリーじゃないから、仲良くはなれなさそう

夕方通ると地域の方(ボランティア?)が餌をやっているのをよく見かけるので
確認してないけど、たぶん地域猫。
おそらく去勢避妊手術をやった上で世話してるのかな?と勝手に想像します。
餌やるだけなら、超無責任な人間だもんね。

でもいるんです、無責任に野良猫に餌だけやってる人も。
「ここで餌をやらないでください」と貼ってある前でやってる人とか。
糞尿の清掃とか嫌なことはせず自分のやりたいことだけするのね、無責任だなって感じます。
やってる人を見ると、年齢層高め。たいてい高齢の人です。
飼いたいけど飼えない人なのかな?とも思います。

日中お散歩してると、年配の方によく声をかけられます。
かわいいね~昔飼ってたのよ~(シェルティや犬が好き)、また飼いたいけどこの年齢だから...今から飼って10なん年生きると思うとお世話ができなくなってしまうわ、とみんなおっしゃいます。
保護犬や保護猫って仔犬仔猫はすぐに飼い主が見つかるけど、シニアだとなかなか引き取り先が見つからないんですよね。
そこのマッチング、何とかならないの?っていつも思うんです。
シニア犬シニア猫は寿命も長くないので、いま元気なシニアの方が引き取るというのはできないのかな?って。
もちろん飼い主が先に病気で入院とかいう可能性もあるので(それは若い人だって例外じゃないです)、たとえば保証人=万が一の時に託せる人とか団体を指定したりして。
保証の有無はわかりませんが、そういうマッチング、テレビでやっている団体もあると聞きました。
でもあまり広がってない気が。
私の体感(近所の方の声)でも、そういうのができると知ってる方が少ないです。
もう年齢が70だから、飼わせてもらえないわよね、って思ってる人が多数です。
保護する場合も、条件に高齢者はダメとよく書いてますよ。

でも犬猫は好きな人にとって超癒しになるし、特に犬は認知症予防に最適との研究結果も。
散歩がいるし、癒されてストレスが軽減、反応に対応することでドーパミンが分泌=脳が活性化。
国の施策としてやったら、もしかして医療費削減にもなるのでは?!(笑)
少なくとも平均「健康」寿命は延びるのでは?とまじめに思ってます。

だってソフィにゃん、私の寿命を延ばしてくれてるもんね
ヨーロッパのように、賃貸でも多数の物件で犬猫OKに、しつけされていたら公共交通機関やお店もリード付で連れてOKにしてほしい。
犬猫に関して、日本はほんと後進国です。法律上だって、いまだに所有する物扱い。
多くの人が犬猫は家族という感覚でいるのに、日本は発展途上国。
白にゃんこをみて、色々考えてしまいました。途上国での暮らしは疑問が多いです。

犬猫も家族として共存できる社会になってほしいね、ソフィにゃん。
ただどんなに犬猫に優しい社会になっても絶対に投票権だけはあげない。
だって犬のおやつ配ってたら、ソフィにゃんその人に投票しちゃうでしょ?(笑)


読んでいただき感謝!皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント