FC2ブログ

お薦めの1冊♪ 涼しいところで読書はいかが?

感動もの、恋愛もの、スリルもの、ノンフィクションもの...
暑い日は、涼しいところでリラックスして本を読むのも幸せな時間です。
LAで、Wホテルとかのプールサイドでならもう最っ高なんですが

好きな本はいっぱいありますが、
今日は私のおすすめ本をご紹介。
この1冊!と言い切るのはなかなか難しいんだけど...
この季節を考えると、これでしょうか。

 『黒い家』  貴志 祐介(著)

暑い夏にぴったりのゾゾ~とする作品です
生命保険会社に勤める男性が主人公。
ある日訪れた家が・・・という話で、もう恐いのなんのって。
文字なのにここまで怖くなるなんて!と、
読み終わった後、愕然としました。
人間の想像力ってすごい。
映画化もされましたね。配役があまりにぴったりでびっくりでした。
暑い夏にこそおすすめです

上記のオススメの1冊と迷うくらい、これらもおすすめです。

 『ジバク』  山田 宗樹(著)
勝ち組人生を歩む男が、転落していくという話。
片足切断まで追い込まれるんです!
著者の『嫌われ松子の一生』を読んだ人からすると、「ああ、やっぱりこの人の作品か」という感じだそうな。
私は読んでいないので(ドラマも見ていないので)わかんないのですが。
なんか自分もこうなってしまったらどうしようって、
すごく心配になってきました(笑)。
でも面白くて、読むの止まりませんでした~!

 『ミスター・チャイナ―実録・中国に消えた投資マネー』
   Tim Clissold (著) 月沢 李歌子 (翻訳)
これはノンフィクションもの。
中国に乗り込んだイギリス人が、その文化や民族性に戸惑いながらも
投資を成功させようと奮闘する姿を描いています。
ああ、中国ってこういう国・民族性だったんだーと感心。
そして、現在も理解できない中国という国の
根本にある考え方が垣間見れました。

 『天使と悪魔』
   Dan Brown (著) 越前 敏弥 (翻訳)
『ダ・ヴィンチ・コード』を書いたダン・ブラウンの作品。
The Da Vinci Codeもおもしろかったんですが、
こっちの方が個人的には好き。
スリルがあるし、バチカンのミステリアスさが◎。
また、最新技術と深い歴史が交差しているのもおもしろい。
先が気になる展開です。
これ読んで、スイスとローマにまた行きたくなりました

あなたのオススメの1冊はなんですか?
ぜひ教えてください





                                
                           皆様の1票が励みです
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

niyon

Author:niyon
関西在住アラフォー女性
ブラック企業での激務に心身共に疲れ専業主婦中、やっぱり働きたい!と資格を取った矢先に、稀少がん、耳下腺(じかせん)癌が発覚。コロナで混乱の中、闘病中です。
わんこ好き、シェルティ2代目を最近飼い始めました。
もう10年以上続けているポイ活ももうちょっとやろうかな。

得した成果一覧 随時更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント