fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

【腫瘍の写真あり】あごの手術無事終了、中身は?

無事、あごの手術が終了しました。
あごといっても骨を削ったとかではなく、二重あごの脂肪を取ったにすぎませんが。
※何のためかは以前の記事「あごの手術」参照。
保険診療での手術なので、病状としては「皮下腫瘍」摘出という感じです。
後ほど摘出したこの「腫瘍」の写真があるので苦手な方はご注意を。

手術は日帰り、部分麻酔、1時間程度で終わるとのことだったので
気軽に考えていたのですが、日が近づくにつれ不安と緊張が押し寄せてきました
当日は言われた時間より早めに科の受付に到着し、血圧と体温を測ってスタンバイ。
時間になるとネームタグと書類が入ったファイルを渡され、手術室まで1人で歩いて行きます。

手術室は入院病棟の中にあるので、近づくにつれ入院中や前の手術の時のことを
思い出してきました。
においとか静けさとか、雰囲気からもあの辛い日々を思い出します。
11時間半くらいかかった最初の手術。今年の5月で、あれから4年が経とうとしている。
退院後のことが大変すぎて手術前の記憶が飛んでしまっていましたが
だんだん「あぁこんな場所だったな」とかその時の不安な感情がぶわーっとよみがえり
なんだか感傷的になりながら手術室に入りました。
コロナ流行初期のものすごく大変な時に、お世話になったたくさんの医療従事者の方への感謝もあるし、今ここに無事でいるという不思議な感覚もある。
もちろん今からあごを切られるという不安も(苦笑)。

手術室の受付で準備が整うのを待っている時に、こんなアンケートが渡されました。
 
手術中、音楽を流してくれるのねありがたい
本が読みたい、とかケータイで動画が見たいというのもOK?
一体どうやって?プロジェクターかなんかあるの?
疑問に思いながら、実際に手術を受けるお部屋へ歩いて移動。

後で「ケータイで動画見ながら手術受けるって可能なんですか?」と
看護師さんに聞いたら、あーお子さんの場合ですね、と。
なるほど。スマホ依存症の大人がYouTubeとか見てるイメージでした(笑)。
でも顔の手術の場合はさすがに無理ですね、と。やっぱそうだよね(笑)。
お子さんで部分麻酔で足の手術をしたりする場合は、スマホなどで
アニメなんかを見せながらやることがあるそうです。
どうやるのか具体的にはわかりませんでしたが。

さてniyonの場合はJ-POPの音楽鑑賞を希望したわけですが、
Adoから髭男、YOASOBI、ポルノグラフィティなど有名どころを流してくれてました。
ただやはり音は小さめで...途中から音楽への意識は飛んでしまいました。
欧米のように大音量でノリノリで手術、なんて日本ではないですね(笑)←ドラマの影響。

麻酔の痛~い注射の後、効くまで執刀のA先生が話ができるか確認のためか緊張を解くためか、色々と話しかけてくださいました。
最初の手術からもう5年?あ、まだ今年で4年か。主治医の先生はなんて言ってる?まだ寛解とは言ってもらえない?
雑談のつもりだったと思いますが、私はこの会話で逆に疑問がわいてきて「普通がんって、だいたい何年で寛解なんでしょう?」と手術台に横たわりながら質問(笑)。
まあがんの部位や種類にもよるけど再発ってだいたいすぐが多いよ。5年経って再発ってなると大体驚くね。レアなケース。だから5年って1つの目途じゃないかな?
とても気さくに話してくださるA先生..手術中にも勇気をもらえました。
あと少し。あと1年と数ヵ月、ヒヤヒヤドキドキだけど頑張ろう。

そんな会話の後「これ痛い?」と先生から確認があり、痛くないです、と答えたものの
すでに切られてるような感覚が。麻酔の確認でしょうが、それもう切ってるやん!と
心の中でつっこみながらの切開開始でした(笑)。

先生や看護師さんの声の方がはっきり聞こえるので(そりゃ顔の上で話してるから)
音楽なんて聞いてる余裕、全然ありませんでした
麻酔で感覚はないけど引っ張ったり突っ込んだりされているのはわかるわけで
なんかとても複雑。。。
途中、痛みを2回ほど感じ、痛いです!と言って、2回も麻酔追加されました
手術は約1時間で無事終了。
手術台で着替えも済ませ、そのまま歩いて手術室を出ました。

手術室を出る前に、とったものを見せてもらえませんか?とお願いし、許可を頂いて撮影。
前に自分の耳下腺がんが見れなかったのがすごく残念だったので
今回はしっかり記録しました(笑)。それがこちらです。
 
大きな塊がこれと聞いたので、実際はもっと小さな塊も除去してもらったようです。
腫瘍といっても、脂肪腫、のはず。一応、病理結果が出るまで何とも言えませんが。

手術台から起き上がる前に先生から留意事項を聞き(今夜はシャワーならOK、今日は傷のところは触らない、翌日夜の入浴後にガーゼを変えて処方した軟膏を塗るように、痛み止めを出すので痛い時だけ飲んで)、その後、科の待合室へ移動。再度今後の説明、次の診察日を教えてもらい、お会計をして終了。
タクシーで帰ろうと思っていたのに、まあ大丈夫か、といつも通り電車で帰宅しました。

傷の痛みはほとんどなく、今のところ問題なし。
ただ手術当日、朝からいつものめまいと頭痛が少ししていて、手術後もそれが続いていたので帰ってしばらくは横になってました。今日もそのめまいと頭痛は続いています。
ひどくはないし、普段通りのことは大体できるけど、なんかしんどい、というレベル。
手術前からだから手術のせいじゃないし、昨日はなぜか夜中に何度も目が覚めて熟睡できなかったのでそのせいで疲れが取れてないのかもしれません。

今年こそ、このめまいも原因究明をちゃんとしないと!と思ってます。
今はまずはあごの傷を治すのが先決ですが。
健康体って、そうじゃなくなって初めてありがたみがわかりますね。
まずは週末ゆっくり体を休めようっと
 
元気に迎えてくれたのはいいのですが、お願いソフィにゃん、、、
遊んで遊んで!攻撃だけ、今はやめてーーー


にほんブログ村 病気ブログ『がん』へ読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント