fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

日本の医療費安いと思った日&手術後の状態

あごの手術後、自宅へ帰ってから初めてちゃんと自分の顔を見ました。
こうなってました。
 
なんかボコっとなってます(笑)。
傷の上にかなり分厚くしたガーゼを押しつけて貼られていて、傷のサイズが全く分かりません
下から見上げたら、結構大きい
 
周りのシワシワになってるのは、手術室で貼ってくださった透明の防水シート。
これのおかげで洗顔しても当てているガーゼが濡れません。
濡れると雑菌が繁殖しやすくなるので、ガーゼを交換しないといけません。
1日に何度も交換するのはとても面倒。なのでこのシートはとても便利です。

手術では看護師さん2人、形成外科の他の医師も途中から(勉強のため?)参戦された感じがあり、周りには人が3~4人いました。
手術時間1時間ちょっと。日帰りとはいえ、これで支払った手術費用は11,520円(病理検査費含む)。
安っ!って言うのがお会計の時の感想でした。
3割負担なので、10割だと38,400円。それでも安いと思いました。
手術室の準備、機器、器具、薬、色々な人の人件費全部入れてこれです。

両親とイタリア旅行へ行った5年前、現地で父親が倒れたことがありました。
結局大事には至らなかったのですが、ローマの病院に1泊入院しました。(私も横で1晩付き添いました。)
診察、CT検査、降圧剤の投与、1泊入院だけで、約40万円かかりました。
手術はしてませんよ?それでも40万。
病院で出た朝ご飯は紅茶、ラスク2枚、イチゴジャムだけ。なのに40万(笑)。
日本で同じことがあったとして、同様の治療で3割負担=12万円もかかります?
多分そんなにかからないと思います。
まあ私立病院だったというのもありますが、これについてはまた別で書こうと思います。

現在3ヶ月に1度行っている私の頭頸部外科や放射線科の診察なんかは、
いつも220円~230円のお支払いです(3割負担でね)。
安すぎるな~っていつも思います。病院への電車代の方が高いくらい(笑)。
これだけ安くて質が良いのだから、外国人が日本に検査や治療に来るはずです。
お金持ち向けの医療ツーリズム、もっともっと大々的にやるべきかもしれませんね。
通常医療が特に圧迫されない程度なら、円安の今どんどん来てもらいましょ

さて、今回手術したところは帰宅後も特に強い痛みは出ず、今のところ順調です。
聞かれたら、うーんちょっと痛い気もするかな?という時がたまにあるくらいです。
なので寝る前などに念のため痛み止め(カロナールが処方されました)を飲んだ日もありましたが、別に飲まなくて大丈夫なレベル。
 
そう言いながら、ソフィにゃんはこの白いのが気になるらしく、近くに来てはクンクンにおってきます。
お願い、鼻水つけないでソフィにゃん


にほんブログ村 病気ブログ『がん』へ読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント