fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

【傷の写真あり】抜糸後のあごの手術あと

あごの手術、その後です。
手術後、毎日軟膏を塗りガーゼを替えていましたが痛みもほとんどなく経過は良好。先週無事抜糸が終わりました。
毎日ガーゼを変えなくてもよいので楽になり、傷に貼るテープも随分小さくなりました。
 
テープの少し離れたところに左右に見える赤い傷は、ガーゼの上から貼っていた防水テープのかぶれ痕ですこっちの方がなんか痛々しいという謎な見た目。早く治らないかな、これ。
3日目にテープのふちあたりの皮膚がかゆくなってきたので、貼り替えの時はかぶれ跡にかからないようにテープを小さく切って貼っていたのに、最初の痕が全然治らず。痛みもかゆみもないので見た目だけですが。治りが遅いのは歳を取ったということか...
ちなみに手術痕に貼ってある肌色(って今言わないらしいですが)のテープは、3Mの「マイクロポア」という通気性の良いテープ。お風呂などで濡れると水分を含みますが、結構早く乾きます。
耳下腺がんの手術後も、退院後2か月くらいはこのテープにお世話になっていました。
これを貼ることで、立体的になっている傷痕をなるべく平らにしたり、傷痕の紫外線防止になったり(凸凹しているので見える箇所の手術痕は日焼けしやすい、日焼けすると傷痕がのちのち目立ってしまう)するので、よく使われているようです。
今回、抜糸後は1週間に1回このテープを替えるだけでOKと先生から言われました。
ちなみにこのテープ下の傷は、現在こんな感じです。
 
傷痕自体は1~1.5cmくらい。
もう少し皮膚がくっついてきたら、ほとんど気にならなくなりそうです。
よかった!
 
そうだね、ビビッて損したよ(笑)。
手術を迷っていたら先生に言われた一言。
「もっと早くやればよかった!ってだいたいみんな言うわ」
ほんとにその通りだとしみじみ思いました(笑)。
まだ顎のあたりは腫れていて、腫れが引くまでは3週間ほどはかかるそうなので、
あごのところがもう少しスッキリすることを期待してます。
まあ、誰に見せる顔でもないんだけども(笑)。


にほんブログ村 病気ブログ『がん』へ読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント