fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

ついに慢性めまいとおさらば?!

あごの手術を受けた1週間後、抜糸のため再度形成外科を訪れた際、優しいa先生にめまいの相談を再度してみました。もちろん専門外とは重々承知しつつ。。。
だって次の耳鼻科の診察、4月なんだもん。

もう4年くらい悩んでいるめまい。ひどい日には1日に何回も来ます。
これが特に最近ひどくなってきたので、何とかしたいという思いで。
家事や散歩で体を動かした後や、食後(お腹いっぱいの時)、食前(空腹の時)、天気が悪い時(曇り含む)などなど。時間は関係なく、朝も昼も夜寝る前に来ることも。。。
船酔いのような感じで立てないほどではないですが、軽い吐き気もあり、浮遊性めまいと呼ばれるもののようです。

もちろん耳鼻科でも以前相談しましたが耳に問題はなく(メニエール病とかではない)原因不明。気象病(気圧に関係して出る症状)じゃないかと言われたけど特に対策がなくて先月健診時にも話したけど「所見なし」と書かれてしまい...とその後の経緯も話しました。
a先生は前にも女性ホルモンが関係しているかも?とエクオールのサプリを紹介してくれたり、とても親身にお話を聞いてくださいます。結局エクオールはあまり効いてる感じがないという結論でした。
「じゃあ1度、漢方試してみる?」と、先生はその場でスマホで何やら調べ始めました。
頭痛はどう?→ひどい時は頭痛もします
ぐるぐる目が回る?→船酔いみたいな感じなので目は回りません
などなどいくつか質問しながら、スマホをいじってます。
いや、漢方のその調べ方、私と同じやーん!!(笑)
そして処方してもらったのがこちら。
 
ウマウマの粉って(笑)
ソフィにゃん、これハッピーターンの粉じゃないからね!(笑)
五苓散(ごれいさん)というお薬よ。
体の水分量を調節してくれるお薬だそうです。
1日3回×30日分だしてもらったので、すごいたくさん(笑)。

処方箋を持って薬局で買った際、薬剤師さん(女性)にも「これ使いやすいですよ!私も常備してます」と教えていただきました。
彼女によると、五苓散の効能は色々あって。
お酒を飲んでないのに二日酔いのような気分の悪さ、むかむかする感じ、めまい、頭痛、なんか体がしんどい、気象病(天気痛?天候痛?)によるめまいや頭痛、耳が詰まる感じなどに効くそうです。気圧の変化で生じる飛行機内で耳が痛くなる症状にも効くとのこと。(これも悩んでたやつ!)
おお!なんて万能なお薬!
「ずっと続けて飲まなくてもしんどい時だけ飲む感じでいいですよ。余ったら置いておいて、また症状が出た時に飲んだらいいです。漢方は効き目はマイルドだけど副作用がほとんどないので安心して飲んで」とのことでした。
なるほど、常備しとけば安心ね

そして飲んでみました。
するとなんと!徐々にめまいがかなり軽くなり、だんだんなくなっていきました。
すばらしー!!(笑)
あんなに辛かったのがウソのようです
私の理解では、体の水分量を調節=頭部の水分も調節してくれる薬なので、気圧などで頭の水分調整ががうまくいってない(むくんでる感じとかの)時にめまいが出ていたのか!と思いました。
水分を排出するなら(←× 正しくは調整)トイレが近くなるかと思いきやそうでもなく、副作用も特になし。
めまいや頭痛に困っていて耳鼻科などで見てもらったけど異常のない方、特に台風や雨・曇りの時に頭痛やめまい症状が出るという方、ぜひ試してもらいたいお薬です。
 
いや、だーかーらー ソフィにゃんにはあげないってば。
そもそもあやしい粉でもうまい粉でもないし!!
ちなみに五苓散は無味で飲みやすい薬です。
葛根湯のように嫌な味がありません。←あれ苦手

でも頭痛やめまいはあなどってはいけません。
先日知り合いの方が、立ち上がれないくらい頭痛がひどくて救急車で病院に行った結果、年末年始に2~3週間入院したという話を聞きました。
頭痛の原因は、脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)だったそうです。
首の脊髄から髄液(ずいえき)が漏れ出していたことで起こる頭痛で(脳脊髄液漏出症と言うそう)激痛だそう。髄液を守る膜が破れたことで漏れ出したようですが、破れた理由は頭痛専門の医師も不明とのこと。怖すぎる
CTなどではわからずMRIを取って初めてわかる病気だそうで、頭痛専門の先生がいる病院に運ばれたのは不幸中の幸いだと思います。この原因は自分では絶対わからないですね。
ずーっと昔に交通事故でむちうち症になった経験がある方でそれと関連しているのかもしれませんが、今まで何ともなかったのに急に来るとは怖いです
その方は、幸いにも手術なしで回復され、入院中安静にし点滴を毎日打つことで自然に膜が塞がっていったそうです。が、今も首をあまり動かさないように気を付けていて、そのせいで肩こりがひどい様子でした。

安易に自分で診断するのは危険ですね。怖い病気が隠れていることもあります。
ちなみにめまい(だいたい頭痛も伴う)が続くときは、まずは耳鼻咽喉科。
それで問題なければ脳神経科へ、が基本の流れのようです。
参考になれば幸いです。


にほんブログ村 病気ブログ『がん』へ読んでいただき感謝。皆様の1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント