fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

快晴散歩でリードの話

今日は午後からまた雨になりそうですが、昨日は久々のピッカーンと晴れた気持ちの良い天気でした。
 
お散歩イヤイヤ犬もこの笑顔
 
あら。珍しくサクサク歩いてくれてます。どうせ歩くなら晴れがいいよね。

ソフィにゃんのお散歩には伸縮リード(伸びるリード)をいつも使っています。
でもこれ、いろんなところにダメと書いてあるんです。
「伸縮リードはお散歩にはNG」「お散歩の時は普通のリードで」「伸縮リードは広いところで遊ばせる時だけ使う」ですって。
普通のリードの方が犬に意思を伝えやすい(そうか?)、伸縮リードは犬にとっても人にとっても危険が多い、というのが理由だそう。
危険は承知してます。でもうちは使わざるを得ません

実家で飼っていたシェリー(シェルティ5.5kg女の子)の時は、時代もあって普通のリードを使って散歩していました。私も手にリードを巻いて長さを調節して使うことに慣れていたし、ちょっと教えたらシェリーは私の横にピタッとついて歩く賢い犬だったので何の問題もなかったんです。(ソフィにゃんがアホといってるわけじゃないけど、この点に関してはアカン子

ソフィにゃんの場合も、最初は同じように普通のリードで散歩を始めました。
シェリーより体重はあるけど(現在8.3kg)当時テニスを何年もやってた私は腕力に不安はありませんでした。
ところが...ソフィにゃんが「怖がりすぎ」な子だったんです。散歩中、蛇行しまくる!
それも今までの犬のように前に引っ張るならまだいいんです。(シェリーの前に10kg以上の犬も3頭飼育経験あり)リードを手に巻いて短くし、ぐっと力を入れたら前に行かないようにできるので。
でもソフィにゃんは今もそうですが、飼い主の後ろに行くんです。
まるで外敵から私を守って!と言うようにそしてなかなか歩かない。ゆっくり歩いても私の真後ろから左右に蛇行を繰り返します。チラチラ「外の世界も見たいにゃ」と言うかのように。。。全然進まないし歩きにくいので、時には、いや頻繁に引っ張って何とか歩かせるようしてました。もちろん優しい声で励ましながら。
散歩デビューから数か月後、私は左腕の筋を痛めました...腕の力は自負していたのに!
テニス肘と同じくらい痛くて、左手で重みのあるものが持てず日常生活でかなり困りました。
治るのに半年以上かかりました。だってその散歩を毎日続けながらでしたから...。
腕を後ろに引っ張られるって結構な負担なんですよね。
このままでは腕がもたないと思い、そこから伸縮リードを使い始めました。
 
これはもう3代目の伸縮リード。ちょっと重めですが、LEDライト付き(充電可)で夜散歩でもが見える(笑)。
巻き取る時に絡まったことがなく、使いやすいヤツです。

散歩中、人や周りに危険がない時は、ソフィにゃんが後ろにいても安全な範囲まで伸びる状態にします(MAXにはほとんどしません)。ある程度自由を与えると、ソフィにゃんは蛇行しながら、時には立ち止まりながらも、ちょっと引っ張ると「あ、行かなきゃ」という感じでまた歩きだしてついてきます。
もちろん私は常に気が抜けません。前や後ろから車、バイク、自転車、人が来ないか、キョロキョロしながら気を張ってます(笑)。特に後ろからくる自転車は音がしなくて気付かないことが多いので、遠くにあるうちに気付いておかなければなりません。
何か近づいてくる!と判断すると、リードを超短くして固定します。それを散歩中、何度も繰り返します。
トイレする場所もリードを固定してちょっと引っ張れば指定できるし(笑)、したものを片付ける時も短く固定してます。
もちろん、動くものを見ても急に追いかけたりしない性格だからできるのかもしれません。体重が10kgもない子だからできるのかも。
ぐいぐい力強く引っ張る子じゃなく歩かない子なので、私が引っ張る力を減らすため、私の腕を守るためにはもうこれしか方法がないんです...

やさしく褒めたり、おやつをあげたり、お散歩で歩かせるための工夫は色々しました。
が、褒めても聞いてない(外の音や物を警戒するのに夢中)、外でおやつを食べない(家では欲しがるのに警戒で忙しいらしい)ことが続き、もう外の環境に慣れさせるしかない!という結論に。
3年が過ぎ、まだ徐々に外に慣れさせ途中。いまだに外ではジャーキーをあげても食べないこともあるし、公園でおもちゃをなげても全然遊んでくれません。←どんなにお気に入りを持って行ってもダメ
もういい、多くを望まない。けど散歩だけは健康のために必要だから、お願い歩いてという心境に至った次第です(笑)
 
昨日は日差しは暖かいながらも、冷たい風がピュ~と吹く日でした。
スコットランド産のモフモフ族には、これくらいがちょうど良い気候なのかな

遊歩道は唯一、ちょっとだけ私が気を抜いて散歩できる場所。なるべく人の少ない時間に行ってます。
マイペースのんびり屋のソフィにゃんは、自分のペースで歩けると嬉しそう
ここ1年くらいで植物や地面をクンクンすることが増えて、ちょっと外の環境に慣れて余裕が出てきたかな?と推測してます。この調子でお散歩を楽しんでくれたらいいな。人間の子供と同じで個性があるので、皆が皆同じようにはいきませんね。
ぼやっと犬のソフィにゃんですが(笑)、これからもよろしくです


↑ぽちっとな★ 皆様の1クリックが励みです
関連記事

コメント

非公開コメント