fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

がんになってかかったお金

確定申告の時期です。
昨年は手術や入院はなかったものの歯科で医療費が少しかかったので、今回も医療費控除の書類を作成しました。
なんだかんだで、がんになった年から毎年やってます
ついでに、がんになってお金いくらくらいかかったのかちょっと調べてみようと思い立ちました。
がんになったら費用はどれくらいかかるの?と気になる人もいると思います。
病状や治療内容で金額は大きく変わりますが、まあ1つの事例として参考にして下さい。

ちなみにniyonは民間の保険には何も加入していなかったので(泣)すべて自腹です
貯金を切り崩すこととなりました
保険料を払うくらいなら自分で運用するわ!と当時考えていたんですが、運用もしていなかったという(笑)。まあ自分がこんなAYA世代でがんになるって想像もしてなかったんですよね。

【耳下腺がんに伴った出費】
●2020年(令和2年): 耳下腺がんステージⅣ(4A)と告知された年
① 516,000円 …手術+11日間入院(個室の差額代88,000円含む)
② 185,000円 …陽子線(放射線)治療33日
③ 133,000円 …各科診察費、検査、薬など
④  56,000円 …交通費(電車、バス、タクシー代)
⑤    ?円 …その他
----------------------------------------------
合計 890,000円 +?
※②は高額療養費制度利用後の実費です。
※①は高額療養費制度利用前の実費で、利用後27万円ほど還付されました。

つまり高額療養費制度利用後だと、この1年で実費約62万円。
11時間の大手術を受けて、本当は300万円かかる陽子線治療をしての金額なので、かなり安いとは思います。やはり日本の医療費は安い。(イタリアの費用に比べたら
実際はここからさらに医療費控除でいくらか還付されています。

③のうち薬代は大したことありません。処方されたのはロキソニンやカロナールといった一般的な痛み止めや放射線治療中に塗っていた軟膏や保湿ローションくらい。服用していた薬は特にないです。頭頸部外科や放射線科の診療代に加え、PET-CTやMRIなどの検査費用や、治療前に心配要素を乗り除くために他の科(歯科、婦人科など)を受診して(させられて)います。
④交通費は、タクシーは退院時に1回(2000円ほど)しか使っていません。それでも放射線治療で約2か月間毎日通院が必要で電車の定期券を買っていたため、予想より金額がいきました。
⑤に?と書いたのは、医療費以外にも病気にならなければ買う必要がなかった物があったからです。
入院のために購入したもの(パジャマやミニ加湿器、スマホのギガ追加など)、退院後傷を隠すために購入したストール、退院直後は買い物に出るのも大変だったのでUberEatsやミールキットの宅配を頼んだり。
1つ1つは大したことがない金額のものでも、合計するとやはり生活費が上がった感はありました。

●2021年(令和3年): リンパ節に腫瘍がみつかり再度手術
① 24,9000円 …手術+9日間入院(個室の差額代70,000円含む)
② 105,000円 …各科診察費、検査、薬など
③  21,000円 …交通費(電車、バス、タクシー代)
----------------------------------------------
合計 375,000円
※①は高額療養費制度利用後の実費です。

抗がん剤をやっていないので、やはり②のうち薬代はほんの少しです。PET-CTやMRIの検査&診察の費用がほとんどです。
これ以降は入院はしておらず、通院での経過観察なのでそれほど医療費はかかっていません。飲んでいるお薬もないので、全~部入れて1年に10万円ほど。主に検査費です。

●2022年(令和4年)
合計 100,000円 …各科診察費、検査、交通費含む

●2023年(令和5年)
合計 93,000円 …各科診察費、検査、交通費含む

●2024年(令和6年)
①  12,000円 …あごの手術(日帰り)
②  15,000円 …各科診察費、検査、交通費含む
----------------------------------------------
合計 27,000円  ※2024年3月8時点

上記には書いていませんが、このほかに大きい費用として、2021年は57,000円、2023年は170,000円ほど歯科にかかっています。これは保険適用外のセラミックをやり替えたためです。
2020年の放射線治療により口腔内に放射線が当たり今後左側の歯は抜歯ができないと医者から言われているので、少しでも口腔内の健康リスクは減らしたい。高いですが銀歯に比べセラミックは歯垢が付きにくいと言われています。
がんに罹患したことにより、以前以上に体の他の部分に本当に気を遣うようになりました
元々虫歯になりやすい質の歯だ、と歯科医から言われているし、歯並びも良くないし、本当に怖いんです歯の病気が。

私の場合、治療費よりむしろ他の部分の予防費に今後もっとお金がよりかかるのでは?と心配です。
頻繁な歯科の定期健診、早期治療、あごの手術しかり。
がんになる前はこういう費用のことなんか考えもしませんでした。
私は声を大にして言いたい!
「がんになってかかるお金」ってがんの治療費だけじゃないんです!
それは聞いたことある、という方も多いと思います。
でも日用品とか有料サービス使うとかそういうことだけじゃなくて
がんに罹患したことや治療過程により体が以前とは変わってしまう。自然治癒できる力がどうしても落ちてしまう。
がんになる前よりよっぽど健康に気を付けないといけなくなるんです!
だから、がんになって治療をして比較的症状がおさまって、ちゃんと自分の体の事を考え直した人は
実はがんになったことのない人より健康なんです!

言い切ってしまった(笑)。
もちろん全員がそうではないと思いますが、健康に気を付けている人が多いと思うのです。体感で。
一度がんになると加入できる保険は限られてきますが、自分の健康に気を配っている人が多いのでむしろ他の病気のリスクが減るんじゃないかと思ってます。
なので、一度がんになった人用の安い掛け金の保険をつくるのはどうかな?って思うんですよね。
これは保険会社さんへの提案です。←加入してないのに?という突込みは置いといて(笑)。
まあ統計とらないとはっきりしたことは言えませんけどね。

ざっくり、かかった費用を書いてみました。
腫瘍に対する治療費は、なんか思ったよりかかってなかったという感想です。
あ、還付金が夫の懐に入っているからか
 
えーっと...
かぼちゃと似たようなものだと思ってる子がここに1人。
ソフィにゃんには今度、チンした柔らかい甘いパンプキンをあげるから
かんぷきんのことは考えなくていいよ

あ、がんにならなかったら犬を飼い始めてなかった気がするので
がんになって、で考えたら、この子が一番費用がかかってる(笑)。
元とらないと!
ソフィにゃん、おいで。
もふもふさせてー!


にほんブログ村 病気ブログ『がん』へ
読んでいただき感謝!皆様のクリック1票が励みです
関連記事

コメント

非公開コメント