fc2ブログ

39年間健康体だった私が耳下腺癌と向き合うことに!がん発見の過程、治療、心と体の変化を綴ります。全がんの約0.2%しかない希少癌。情報が少ない!5年生存率45%のステージⅣだけど長寿の記録を作ってやる!

プロフィール

niyon(によん)

Author:niyon(によん)
関西在住アラフォー女です。
2014年突発性難聴を発症しブラック企業を退社。専業主婦を経て働こう!と資格を取った矢先に耳下腺がんが発覚。新型コロナ流行さなかの闘病は孤独でした。
手術後、愛犬ソフィア(愛称ソフィにゃん)を飼い始め心の支えに。
もう10年以上続けているポイ活も継続中。

■病歴・治療歴
耳下腺がん治療ヒストリー

■リンク
じゃぱにーずな日々

0 コメント

忘れられない新嘉坡ツリー


忘れられないとっておきのクリスマスツリー、
それは去年末に見たこのツリーです!

新嘉坡クリスマスツリー

てっぺんが建物まで届きそうな、でっかいツリーが堂々と立ち、
ほんとにキラキラ輝いています
飾りの模様もとってもきれい
ちょうど雨が降ったすぐ後だったので、
濡れた地面にイルミネーションが反射して
さらに輝きを増していました

ここは、シンガポールのオーチャード通り。
昨年の年末に旅行で訪れ、
生まれて初めて、暖かいクリスマスシーズンを過ごしたのですが
街がどこもかしこも美しいクリスマスデコレーションいっぱいでびっくり!
キリスト教の人が多いから盛大に祝うのだと知りました。


オーチャード通り一面がこんな感じなんです。
orchardRd.jpg
日本の大手家電メーカーが資金面や技術面で
大きく貢献しているんですって!
さすが日本!

そしてホテルもこんなにきれいにデコレーション。
raffles.jpg
白い建物に、赤や緑が映えますね

他にもこんな美しい巨大ツリーが百貨店の吹き抜けホールに。
tree.jpg
これも色とりどりですっごくきれい。
立ち尽くし、うっとりと眺めてしまいました。

でもでも、最初のあのツリーが私にとって一番のとっておき。
母と2人、ぼーっと眺めたり、
写真をパチパチとったりしちゃいました
ぜったいホワイトクリスマスが味わえない場所だけど、
半袖で過ごすクリスマスもとっても楽しかったです。
なんだか夏のお祭りみたいで(笑)。

でもホワイトクリスマスをまだ経験したことがないNiyon。
雪がちらつくクリスマスはすごく憧れます
雪の中で輝くツリー、きれいだろうなぁ
白い雪に映えるイルミネーション...
北海道もう一回いかなきゃ~!



12月出発特集も★H.I.S.北海道

あなたのとっておき『クリスマスツリー』画像★大募集!@H.I.S.北海道


                              
                             皆様の1票が励みです

関連記事

コメント

非公開コメント